uwscでよく使うショートカットキーコード

・ショートカットキーでフォルダを開く

スクリプト修正中に少しコードを修正したい部分があることが多いので、
このコードを仕込んでおくと便利。

if GETKEYSTATE(keyCode) then folder_open("D:\")
procedure folder_open(path)
 Exec("EXPLORER.EXE "+path)
fend

・ショートカットキーでスクリプト停止

Alt+Sでもスクリプト停止はできますが、
クリック連打スクリプトなど素早く止めたい場合、1つのキーで止めれたほうが便利。

if GETKEYSTATE(keyCode) then break

または、

if GETKEYSTATE(keyCode) then exit

・ショートカットキーでuwsc終了
uwsc終了も1つのキー入力で済ませる。

if GETKEYSTATE(keyCode) then uwsc_quit()
procedure uwsc_quit()
 id = getid(get_thisuwsc_win)
 ctrlwin(id,close)
fend

keyCodeの部分は仮想キー一覧でも見て書換えてください。
それぞれ別のkeyCodeを指定しないと、全部実行してしまうので注意!

詳しくはuwsのサンプルファイルを見てください。
ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です