chromeから createHTMLNotification が削除されました

昨日から一部のchromeの拡張が動いてませんでした。

原因を調べたら、chromeのバージョンが 28.0.1500.71 mへとアップデートされ、createHTMLNotification がAPIから削除されたことが原因だと判りました。

Warning: webKitNotifications.createHTMLNotification() in the web notifications API has been deprecated. The new web notifications API only allows text. Chrome notifications API will be promoted to stable soon and web notifications will be updated to use the new rich notifications format.

https://developer.chrome.com/extensions/desktop_notifications.html

webkitNotifications.createNotificationのほうは、まだ使用できるようですので createNotification を使いましょう。

createHTMLNotification でのリンクは<a>タグで囲むだけでしたが、createNotification ではhtmlが使えません。
デスクトップ通知のクリックでURLをタブで開くには以下のようにします。

function createNotification(obj) {
	var notification = webkitNotifications.createNotification("./thumbnail/"+ obj.img +".jpg",obj.title,obj.desc);
	notification.show();
	notification.onclick = function(x) {
		this.cancel();
		chrome.tabs.create({ url: obj.url, selected: true });
	};
}

意外と簡単。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です